安全衛生、表彰・制裁のポイント


安全衛生

1、健康診断の費用負担について記載してありますか?

 年1回の健康診断の費用負担は会社に支払い義務がありますが、再検査の費用負担は本人でかまいません。尚、業務時間中に健診する場合その間は無給でかまいませんが、有給としている会社がほとんどです。

 

2、健康診断記録の管理と個人情報保護について勘違いしていませんか?

 健康診断を実施した病院からは、ふつう会社保管用の診断結果一覧表と個人票が送付されてきますが、病院によっては個人票だけの場合もあるようです。まず、会社が実施する健康診断を受診することに同意した時点で、個人情報を会社に公開することに同意したとみなされます。ただし、個人宛の封書を無断で開封することは出来ないので、本人の許可を得てコピーするようにしてください。   

 

3、会社の過失により従業員がケガをした場合の注意点

 業務上の災害には、一般的には労災保険を使用しますが、会社側に過失があった場合、従業員が損害賠償請求をしてくることがあります。この場合会社が損害賠償をしても、会社は労災保険の給付請求権を代位取得できないので、結局労災保険を使うことはできなくなってしまいます。このような事態を防ぐためにも「安全衛生」や「雑則」の(災害補償)の条項に下記の文章を記載しておいてください。

「従業員が業務上負傷し、または疾病にかかったときは、労働者災害補償保険法に基づいて給付を行なう。会社に過失があった場合でも、労災保険の利用を最優先とし、損害賠償請求等は労災保険の給付に不足があった場合のみ対応する。」


表彰・制裁

1、「表彰」を実際に実施したことがありますか?

 表彰したことが無いのであれば、記載しておく意味が無いので削除しましょう。

 

2、「解雇」と「懲戒」を混同していませんか?

 解雇とは従業員をやめさせることです。懲戒とは罰を与えることで、制裁の種類を指しています。最もおもい懲戒が懲戒解雇になります。

 

3、訓戒、降格、減給、出勤停止、懲戒解雇などがリンクしていますか?

 就業規則の制裁の項目と、実態が合っていますか。制裁を与えるときは必ず就業規則のどの項に該当するか確認してください。

 

4、セクハラやパワハラについて記載してありますか?

 最近はパワーハラスメントが増加傾向にあります。そろそろセクハラ、パワハラ規程は別に作ったほうがいいと思います。

 

5、飲酒運転の懲戒について記載してありますか?

 飲酒運転についての懲戒は、どんなに厳しくても厳しすぎることはありません。世の中が「飲酒運転は絶対許さない」という方向に向かっているので、従業員にも絶対させないようにしてください。

 

6、「懲戒」は何項目ありますか?少なすぎませんか?

 従業員の方々の帰属意識が最近さらに減少しています。会社を守るために細かすぎるくらい記載しましょう。

 

7、「損害賠償」に金額を記載していませんか?

 従業員に会社の損害相当額を賠償させることはできますが、損害賠償額を就業規則に記載することはできません。注意してください。

 

8、売上金を横領した者を即時解雇しても大丈夫ですか?

 社内で犯罪を犯しているので解雇予告除外の認定は受けられますが、認定がおりるまでに解雇をすると解雇予告手当が発生します。どのような事情であっても、すぐに「クビだぁ」と言うことだけは避けてください。