賃金構造統計の不正調査 8日にも報告書公表

厚生労働省の統計不正問題のうち、長年にわたりルールを逸脱した郵送による調査が行われていた

「賃金構造基本統計調査」について、検証を進めてきた総務省は、報告書を取りまとめ8日にも公表する方針を固めた。

郵送への切替えの具体的な開始時期・経緯はわからなかったもようだが、厚労省は今後、関係する職員を処分する方向で検討を進めている。