不法就労で強制退去1.6万人に

法務省は27日、2018年に出入国管理法違反で強制退去となった外国人が1万6,269人(前年比2,583人増)に上ったことを発表した。

全体の6割が不法就労であったという。