介護保険料算出にミス 追加負担も

厚生労働省は4日、介護保険料の算出に誤りがあったため、

2019年度に徴収すべき保険料総額が本来より約200億円不足する可能性があることを発表した。

厚生労働省所轄の「社会保険診療報酬支払基金」が加入者(40~60歳)の数を誤ったためとしている。

厚生労働省は徴収を担う健康保険組合などに追加拠出を求めており、保険料の引上げを迫られる可能性がある。