厚生年金未加入推計156万人

厚労省の調査により、厚生年金に加入する資格があるのに未加入になっている労働者が

推計156万人に上ることがわかった。2017年10月から2018年3月にかけて、

国年第1号被保険者から抽出調査した結果をもとに推計したもの。約3年前の前回調査から44万人減ったものの、

未加入労働者は相当数あり、企業が保険料の負担を避けるために加入逃れをしているケースが多いとみられている。