就職氷河期世代の就業支援で助成金・職業訓練強化へ

厚生労働省は29日、「就職氷河期世代」である30代半ば~40代半ばの世代が安定した仕事に就くための就業支援策をまとめた。

正社員として雇った企業への助成金の拡充や企業や自治体と連携しての職業訓練などを柱に、

今後3年間を集中的な支援期間として進める。今夏にまとめる「骨太の方針」に盛り込む。