継続雇用年齢70歳へ引き上げ

2019年の成長戦略素案が明らかになった。全世代型社会保障、人口減少下での地方対策、

先端技術の活用が柱となっている。社会保障改革では、継続雇用年齢の70歳への引き上げや再就職支援などが企業の努力義務となる。

法整備を来年の通常国会で行うとしている。