厚生労働省審議会、最低賃金の議論開始

厚生労働省の中央最低賃金審議会は、2019年度の地域別最低賃金の議論を開始した。

現在の全国平均874円(時給)を、4年連続で引き上げるかが焦点。また、最大224円の開きがある地域間格差も課題となる。