「副業・兼業の場合の労働時間管理方法」厚労省検討会案を公表

厚生労働省は、副業・兼業をする人の労働時間の管理について、有識者検討会の報告書案を公表した。

あらかじめ1カ月分の労働時間の計画を複数の勤め先が共有して管理する仕組みのほか、企業側の負担に配慮して、

働き手の健康管理への配慮がなされることを前提にそれぞれの企業が残業時間を管理すればよいとする選択肢が提示されている。

月内にも報告書をまとめ、今秋以降、労働政策審議会で議論する方針。