18年版厚労白書、異例の「反省」「おわび」盛り込み公表

一連の不祥事を受け公表が遅れていた2018年版「厚生労働白書」が、9日、公表された。

障害や病気を有する人等の現状と取組みが特集された第1部に「中央省庁による障害者雇用の水増し問題に対する反省」、

現下の政策課題への対応等について年次行政報告を行う第2部に「毎月勤労統計の不適切調査問題に対するおわび」が明記された、

異例の内容となっている。