フリーランスは全就業者の5% 内閣府の初推計

内閣府の推計によると、フリーランス(会社員などの副業も含む)として働く人は、国内の就業者

 全体の5%にあたる306万人から341万人いることがわかった。このうち、フリーランスを本業とするのは

228万人、副業が112万人と推計している。多様で柔軟な働き方を後押しする政府は、労働時間

 管理や権利保護など今後の法整備などの政策に役立てるとしている。