五輪混雑緩和実験「テレワーク」スタート

2020年東京五輪開幕まで1年を切った。東京都心では、大会に向け交通機関の混雑を緩和する

大規模な交通実験が行われ、都庁ではテレワークが試行された。政府と東京都などはテレワークの

取組みを企業などに呼びかけており、都内企業は7月22日~8月2日、8月19日~30日に

集中実施する見込み。約2,300団体、63万人が参加する見通し。