最低賃金引上げで全国平均901円へ

中央最低賃金審議会の小委員会は、2019年の最低賃金の引上げ額について、全国の加重平均を27円引き上げ、

901円とする「目安」を決めた。全国平均が初めて900円を超えた。最も高い東京都は1,013円で、次に高い神奈川県は1,011円と初の1,000円超となる。

一方で、17県は引き上げ後も700円台と、地域格差はさらに拡大する。