パワハラ指針、骨子案を提示

厚生労働省の労働政策審議会(分科会)で、職場でのパワーハラスメント防止のため

企業に求める措置の指針(パワハラ指針)の骨子案が示された。骨子案では、

企業が「講ずべき措置」として、相談者のプライバシー保護などが盛り込まれた。

また、「行うことが望ましい措置」として、就活生やフリーランスへの配慮などが議論された。パワハラ指針は、年末にまとめられる見込み。